初めての方へ

このようなお悩みの方へ

赤ちゃんが寝てくれない。抱っこしないと寝ない。
置くと泣いちゃう、背中スイッチなんとかしたい。
もっと赤ちゃんとスキンシップしたい。
もっと育児を楽しみたい。
新生児との触れ合い方がわからない。
出産後の育児のこと知りたい。
産後すぐの赤ちゃんとの関わり方を知りたい。
おくるみ持っているけど、上手く使えてない。
おくるみの使い方、活用方法を知りたい。

妊婦さんの場合は、人形を使ってレッスンしていきます。

ベビーマッサージとは?

ベビーマッサージとは、ママやパパが赤ちゃんに行うタッチケアのひとつ。赤ちゃんの肌をやさしく撫でることで愛情を伝え、心身のすこやかな成長を促します。
ママにやさしく触れてもらうことで、赤ちゃんの脳内には、“エンドルフィン”という幸福ホルモンが分泌されます。
スキンシップを通して親子の絆を深めながら子供の発達を促す効果があります。
肌と肌の触れ合いや優しい声掛け、眼と眼で見つめ合いをしながら行うマッサージは、両親との絆づくりや今後の成長の中で生まれる情緒の安定にも繋がります。
たくさんある手順には大切な意味や効果があり、赤ちゃんの心と身体の発達を促します。
当教室では、指定された厳選したオイルを使います。
赤ちゃんのお肌を優しく心地よく刺激しますので、とっても気持ちよくなり様々な効果が期待できます。
ベビーマッサージの効果
赤ちゃんの五感を鍛えることで情緒を安定させ、語学力や運動能力などの才能を引き出す「育脳」が話題です。
ベビーマッサージも「育脳」効果が期待できます。
また、ママ自身にも“オキシトシン”という愛情ホルモンが分泌されるため、ママの情緒も安定し、癒やされる効果があるのです。

ベビーマッサージを行うと、赤ちゃんの肌が適度に刺激されることで血行がよくなることが期待できる上に、筋肉の発達にも影響するといいます。ママにやさしくマッサージしてもらうと、赤ちゃんもリラックスできます。脳内でリラックス効果が高まると眠くなるため、赤ちゃんの深い安眠に繋がるというわけです。夜泣きにお困りのママたちは、ベビーマッサージで赤ちゃんをリラックスさせてあげることがオススメです。

赤ちゃん、ママに期待できる効果

赤ちゃんが安心感を感じるようになります。
ベビーマッサージの大きなメリットは、親子のコミュニケーションを深めるということです。肌と肌が触れ合うことで赤ちゃん、両親共に幸福感に満たされ双方の情緒の安定にも繋がります。
また、リラックス効果で夜ぐっすり眠れるようになったり、お腹を温めたり刺激することで消化と吸収の働きを高めます。
免疫力もアップしたり、全身をくまなくマッサージすることで筋肉や神経の発達を促します。
ママは赤ちゃんにたくさん触れることで、赤ちゃんにかわったところがないか?と変化に気づきやすくなります。
なにより、お互いが笑顔になれる、そんなコミュニケーションツールのひとつです。

当日必要な持ち物

ベビーマッサージをする時は、以下のものを用意しましょう。
バスタオル
出来れば綿のものが望ましいですが、普段お使いのものでも大丈夫です。
赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので肌に優しい素材のバスタオルを選びましょう。

赤ちゃんの水分補給用の飲み物
(おっぱい、ミルク、お茶など)を入れご持参下さい。

※マッサージオイルは不要、当教室のものを使用します。
こちらはロイヤルセラピスト協会(RTA)が独自に開発した特別なオイルです。(厚生労働省薬務課審査済み)
最高純度のピュアホホバオイルを使用し、世界初のベビーマッサージ専用オイルとして機能が未熟で敏感な赤ちゃんの肌を考え、不純物を極限まで排除し、保存剤・防腐剤を一切含有していません。

「あれ、意外と少ない?」と思った方も多いのではないでしょうか。ベビーマッサージにおいて本当に必要なものは、ママやパパのやさしい手です。マッサージのやり方さえ覚えれば、今日からでもチャレンジできますよ。

ベビマを行う際の注意点

室温は25度前後にしましょう。ベビーマッサージをする時の赤ちゃんの格好は、裸が基本です。赤ちゃんの肌はとても繊細であり、服の上から体をさすりすぎると肌トラブルが起こってしまう可能性もあるため、「裸にする」という方法がとられています。ただ、裸で行ったために赤ちゃんが体調を崩してしまっては大変です。そのため、室温には充分注意してくださいね。
なお、服を着たままマッサージをする方法もあります。服を脱がせない場合は、足のマッサージや屈伸など、服が擦れない部位を中心にマッサージを行うことが多いといいます。

ご予約の流れ

サロンへはご予約の上お越し下さい。今抱えているお悩みや、これからどうありたいか、お話を一杯お聞かせてください。ご予約時にご希望の日程をうかがいます。